「~O-CHAでチルする?~ おうちでChall Out」第3回 ポニーがつくるお茶 岩沢園様

「~O-CHAでチルする?~ おうちでChall Out」第3回 ポニーがつくるお茶 岩沢園様

2021/08/04味わう||学ぶ||買う

*Chall Out(チャル アウト)とは、「Chill Out(=のんびりと時間を過ごす、楽しむ様子、若者英語)」と「Cha(=お茶)」を掛け合わせた造語です。 

 静岡市葵区七間町でBAR NO'AGE(ノンエイジ)を経営する井谷匡伯(いたに まさみち)氏が県内の若手茶生産者に直接会って、彼ら自慢のお茶を季節に合うカクテルとモクテル(ノンアルコールカクテル)にアレンジし、月1回皆様にお届けします。第3回は、ポニーがつくるお茶 岩沢園様のせねっか茶とさねっか茶です。

「せねっか茶」と「さねっか茶」とは?

せねっか茶:岩沢園のオリジナルティー、乳酸菌発酵茶。無農薬有機栽培ヤブキタ茶葉を、お腹に優しい植物性乳酸菌で発酵させたもの。紅茶の豊潤な香りと、ウーロン茶のスッキリした味わいを併せ持つお茶です(現在生産停止中。販売の再開については岩沢園様へお問い合わせください)。
さねっか茶:自然循環を考え環境に優しい農法にこだわって育てた無農薬茶葉を、深蒸し茶発祥の地・菊川の製法で仕上げた深蒸し緑茶です。

岩沢園の岩沢克彰さん↓

【カクテル】
nostalgic memory 〜記憶の向こう〜

【材料】
せねっか茶・・・5g
ズブロッカ・・・40ml
青りんごジュース(フレッシュ)・・・60ml
カシスリキュール・・・20ml
アンゴスチェラ・ビターズ・・・2dash (瓶を降って1回で出る量が1dash・約1ml)
シナモン・スティック・・・1/2本

【作り方】
(1) 急須にせねっか茶を入れ、分量外の100℃のお湯を10mlほど注ぎ1分ほど蒸らした後、さらにズブロッカを注いで5分待つ。
(2) シェイカーに急須の茶を注ぎ入れ、残りの材料を注ぎ氷を詰めてシェイクする。
(3)冷やしておいた湯飲みに注ぐ。
(4)シナモン・スティックが余っていれば、火で炙って湯飲みの上に置きカクテルをスモークするイメージで提供する。

【井谷氏コメント】
 自然循環を考え環境に優しい農法にこだわり、無農薬茶葉を深蒸し茶発祥の地である菊川でお茶の生産をされている「岩沢園」の岩澤さんをイメージして創作致しました。
 せねっか茶は、菊川の方言とお茶の製法の名称を組み合わせて付けられた乳酸菌の力を使った岩沢園さんだけのオリジナルティーです。懐かしい香りを彷彿させるその味わいは、田舎の古民家でほっこりと湯飲みでお茶をすすっている情景を思い浮かべさせられます。
 どこか畳の香りを感じさせる「せねっか茶」のボディを作るためにい草とおなじクマリンの香りがするズブロッカというポーランドのウォッカを使いました。青りんごとカシスの甘酸っぱさがバランスよくせねっか茶の独特のクセをマスキングして、飲みやすい味わいに仕上げております。焼いたシナモンからは、田舎の庭で焚き火をしている懐かしい香りを思い出してくれるアクセントとなっております。
 岩澤さんとお会いして、私もなぜか懐かしい友人たちを思い出すような人柄と新しいことにチャレンジをしていこうとする姿にも共感を得ました。
 お忙しい中、取材にご協力をいただきまして誠にありがとうございました。

※せねっか茶は現在販売停止中です。代わりに半発酵茶を使っても美味しく作れます(事務局)

【モクテル】
〜えにし〜

【材料】
さねっか茶(深蒸し茶)・・5g
お湯(80度)・・120ml
バナナ・・1/4本
和三盆・・小さじ2杯
ミントの葉・・1枚
すだちスライス・・1枚
抽出した後の
茶がら・・大さじ1杯
檜(ヒノキ)の枡(ます) ・・1つ

【作り方】
(1)深蒸し茶を急須で抽出したら、
茶殻(大さじ一杯分)とともにすだちスライス以外の材料と一緒にミキサーに入れて撹拌する。
(2)茶漉しなどで漉した後、シェイカーに氷を入れて軽くシェイク。
(3)檜の升に注いで、軽く升の縁を包丁などでこする(檜の香りが出る)。
(4)すだちのスライスとミントの葉を飾り提供する。

【井谷氏コメント】
 自然循環を考えながら有機栽培を取り入れている岩沢園さんの深蒸し茶を使用したノンアルコールカクテルとなっております。安心安全を目指されていらっしゃる岩澤さんが作られている茶葉であるがために、茶葉も一緒に飲んでいただきたいと考えて創作致しました。
 ほんのりとミントの香りとすだちの香り。バナナの甘さが茶葉の渋みを緩和して体にも循環するような味わいとなっております。
 檜の升を使用した理由は、このカクテルに檜の香りがとても合う感じたことと、岩澤さんの家が酒屋でもあるというところから取り入れさせていただきました。
檜の升じゃなくても、グラスに注いで毎朝飲むのもいいと思います。
 日々新しい出会いとご縁を大事されていらっしゃる岩沢園様と皆様も「えにし」を結んでいただけたら幸いです。

BAR NO'AGEの井谷氏とは

 今回のキーマンとなる井谷氏をご紹介します。井谷氏は静岡市葵区七間町にて「BAR NO'AGE(ノンエイジ)」を経営しています(移転のため7月末までの営業)。こちらでは、通常のお酒以外に、お茶を使用したカクテルを提供しているのが特徴的です。カクテルに使うために県内有数の茶農家の茶葉を5種類以上常備しているなど、県内茶農家とも交流のあるお茶カクテルの第一人者です。
 NO'AGEで行われたお茶のカクテル試飲会に事務局職員が参加したことをきっかけに、今回の企画が生まれました。

【店舗情報】
住    所:静岡市葵区七間町8-6 ACT7 2階西
電 話 番 号 :054-253-6615
営 業 時 間 :17:00~翌1:00、日曜・祝日16:00~24:00
定 休 日 :火曜(祝前日の場合は営業)
ア ク セ ス :JR静岡駅より徒歩12分
ホームページ:www.barnoage.com
※移転先住所:静岡市葵区鷹匠2-5-12 1階
 営業再開日は未定のため、再開次第、随時お伝えします。

今回使用した茶葉のお問合せ先

店 舗 名 :ポニーのつくるお茶 岩沢園
所 在 地 :〒439-0002 静岡県菊川市倉沢58
電 話 番 号 :0537-36-1013
購 入 方 法 :ホームページより注文可能
ホームページ:https://iwasawa-en.com/