ボトリングティー 香駿(こうしゅん)世界緑茶コンテスト2019年最高金賞受賞

ボトリングティー 香駿(こうしゅん)世界緑茶コンテスト2019年最高金賞受賞

味わう||学ぶ||買う

世界お茶まつり2022開催に向け、注目度の高い話題をお届けします。今回は世界緑茶コンテストの受賞作品、2019年に最高金賞を受賞した「和茶倶楽部株式会社(静岡県島田市)」の「ボトリングティー 香駿(こうしゅん)」をご紹介致します。

コンテスト参加の経緯を教えてください。

2016年にボトリングティー【息吹】を初めて出品しましたが、最高金賞にとどかず、金賞に留まりました。いつかは、ボトリングティーで最高金賞をと思い続け、2019年【香駿】の完成とともに、満を持して出品し、最高金賞を頂く事が出来ました。

受賞商品について詳しく教えてください。

受賞商品名:ボトリングティー 香駿(こうしゅん)

弊社が考えるボトリングティーは、以下の3つの要素で決まります。

① 原料の茶葉(品種)による特徴。

「香駿」は、親に「くらさわ」「かなやみどり」を交配し、その中から選抜した品種です。

旨味成分・甘み成分の強い品種より生まれた、力強い香り、クリアな飲み心地、すっきりとした旨味と苦みが特徴です。

② その茶葉の栽培・製造技術による特徴。

特徴のあるお茶を育てることで有名な茶農「齊藤安彦」が育てた「香駿」を使用。

茶の生育方法には「①芽数型(芽の数が多く沢山の量が収穫できる方法)」「②芽重型(芽の数が少ない)の2種類があります。

「香駿」は後者の「芽重型」で栽培されており、量は多くは収穫できないものの、品質の良い茶を育てる方法と言われています。葉を大きくし、茎を太らせ、密植を避けることで、風通しを良くします。それにより、芽の一枚一枚に栄養がいきわたり、香りが濃く、味わい深いお茶を育てることができます。

③ 茶葉の抽出方法による特徴。

特殊な低温抽出法で、一滴一滴抽出する「コールドエエクストラクション製法」

作り立ての美味しさを味わっていただくために、酸化防止剤(ビタミンC)や香料、着色料など一切使用せず、作り立てをボトルに詰めています。

受賞後の反響について教えてください。

多くの方々からご注文や問い合わせを頂いております。マスコミ関係からの取材も数多く受けさせて頂いております。

今後の展望について教えてください。

現在は、ボトリングを委託製造しておりますが、今年度中には自社製造できるよう計画しております。茶業者としての技術を生かして、さらなるボトリングティー開発を進めていきます。

お問合せ先

店舗名 和茶倶楽部

販売業者名 和茶倶楽部株式会社

販売責任者名 小松 夏海

所在地 428-0007

静岡県島田市島915-5

電話番号 0547-46-2066

FAX番号 0547-46-2005

メールアドレス info@wachaclub.com

ホームページURL https://www.wachaclub.com